淡路人形芝居サポートクラブ

淡路人形サポートクラブ

文化振興による「地域づくり」「まちおこし」が各地各様に展開されております。
これを契機にこの島を訪れる多くの外来客に対して、ふるさと淡路が自信を持って提供できる文化として、淡路人形芝居をさらに整備していこう、さらにこのことを通じて21世紀の淡路島を文化の薫り高い魅力あふれるふるさとに作り上げていこうということで、このサポートクラブを設立しました。

当サポートクラブは、淡路島内の3市などが支援母体となっている「財団法人淡路人形芝居協会」とは別の民間有志の方々(法人・団体・個人)によるご理解・ご支援(会費・寄付金)を結集して、人形芝居の保存・継承に関する諸活動を総合的に支援していこうとするものであります。
年間に実施する事業としては淡路人形芝居後継者団体・関係団体助成、淡路人形芝居の海外公演・国内主要公演の助成などの支援活動のほか、広報紙の作成・配布、ホームページの開設・管理など、多彩に展開しております。

2007年3月には、アジア太平洋地域の文化財保護や教育支援を行っている財団法人ユネスコ・アジア文化センターにおいて、財団法人淡路人形芝居協会が「コミュニティにおける無形文化遺産の活性化の優良事例コンテスト」に入賞しました。
ユネスコという国際的な機関に、淡路人形芝居が認められたわけで、今後はユネスコの大きな組織力を通じて、淡路人形芝居が全世界に発信されることになり、その成果が期待されております。

どうか、人形芝居を愛好される方々が一人でも多く、この事業にご理解・ご賛同を賜り、当クラブ会員として、ご支援くださることを心よりお待ち申し上げております。