淡路人形浄瑠璃を受け継いで

淡路人形浄瑠璃を受け継いで

淡路人形浄瑠璃の後継者を育成すべく、淡路人形座の座員が子ども会や小中学校、高校の部活動、青年グループなどに直接指導を行っています。活動を通し、現在ではたくさんの後継者が育っています。

また、地域の木偶(でこ)作りサークルでは、かしら作りの伝統技術を継承するとともに、作品展などを通じ淡路人形浄瑠璃の魅力を伝えています。

淡路人形浄瑠璃後継者団体

市小学校郷土文化部
市小学校郷土文化部
所在地 兵庫県南あわじ市市福永345-1
創 立 昭和46年
顧 問 原口いくみ・小畠千鶴・石田和子
服部美智子・尾下美香・江本那津子
指 導 鶴澤友弥

昭和46年、淡路人形発祥地の小学校として、郷土の伝統芸能の伝承を目的としたクラブ活動として練習を開始した。

浄瑠璃と人形操りの師匠に恵まれ、成果をあげつつ順調に部活動を進めてきたが、平成元年、人形を教えていただいていた隅田正子師匠の突然の逝去により、その後は友路師匠、平成13年度からは、友喜美師匠の指導を受け、浄瑠璃のみの練習となっている。

公演は後継者団体発表会をはじめ、三原文化芸能祭、その他の行事に参加してきた。

特に昭和52年には兵庫県知事ご臨席の場で公演して、お褒めの言葉をいただいた。また同年、テレビラジオ放送コンクールで日本代表として世界の放送局で放映され、世界第2位となった。

福井子供会人形浄瑠璃部
福井子供会人形浄瑠璃部
所在地 南あわじ市賀集福井392
創 立 昭和46年
世話人 松崎 煌・篠田眞純
指 導 【語り】竹本友庄
【人形】吉田廣の助

昭和46年、鶴澤友路師匠のご指導でまず浄瑠璃の練習を、翌47年には隅田正子師匠のご指導により、人形操りの練習を始めた。

週1回、土曜の夜、両師匠の熱心なご指導と、子供たちの悶えながらも真剣な練習により、回を重ねるごとに上達するのを見ることができた。

同年11月、今上天皇、皇后両陛下が皇太子、同妃殿下であられた折、ご来島のみぎり、ご高覧の栄に浴し、以後学校の夏休みを利用して、東京公演、北海道公演、また婦人会、老人会の招きに応じ、毎年十数回、各地で練習の成果を披露してきた。

平成元年、兵庫県、南淡町、淡路人形協会並びに関係各方面の絶大な支援により、南淡町子供人形浄瑠璃館が完成した。

その後、隅田師匠の逝去により、人形操りは人形座の坂東千太郎先輩、ついで吉田廣の助氏のご指導を受けることになり、従来にも増して活発な練習を続けている。平成3年は結成20年に当たり、賀集公民館において、記念式典と人形芝居公演を行い、その最後に子供会OB達による「壷坂霊験記」が熱演された。現在までにこの会の部員は120名を数えるが、そのうち四名が淡路人形座に入座、プロとして活躍している。なお、浄瑠璃は平成15年4月より多年ご指導いただいた鶴澤友路師匠の後、子供会のOBである竹本友庄先輩のご指導を受けている。

三原中学校郷土部
三原中学校郷土部
所在地 兵庫県南あわじ市市十一ヶ所14-12
創 立 昭和58年
顧 問 森 久美・和田彩恵
指 導 【語り・三味線】鶴澤友勇
【人形】吉田徳蔵

三原中学校は淡路島の南部に広がる三原平野に創立され、現在各学年4クラスで全校生は455名です。

校区内の「三条」という所には、昔、淡路人形芝居の座元がいくつもありました。歴史上、「淡路人形のふるさと」と言われています。

昭和58年地元の熱意に動かされて、伝統継承を目的とした郷土部が浄瑠璃の同好会として創設され、語りの練習を開始しました。翌年、部活動として正式に認められ、淡路人形協会より、人形の寄贈も受けて、本格的に部活動として出発しました。

現在では「人形・語り・三味線」の三業全てを生徒自身がこなします。「戎舞」、「生写朝顔話」、「伊達娘恋緋鹿野子」、「鬼一法眼三略巻」、「寿式三番叟」、「傾城阿波鳴門」の6つの外題を演じることができます。そして、語りと三味線指導は、人間国宝の鶴澤友路師匠の直弟子で淡路人形座の鶴澤友勇さん、人形指導は同座の吉田徳蔵さんです。

現在部員は、1年生11名、2年生14名、3年生13名の計38名です。毎年、地元をはじめ、島内外で、約30回の公演を行っています。地域の人たちにも自分たちの活動を知っていただき、淡路人形浄瑠璃に親しんでいただくために、意欲的に公演を行っています。昨年は福岡、京都で公演をし、好評を博しました。今年の夏休みには、長野県での公演を予定しています。部員たちは郷土文化の継承者として毎日の練習に励んでいます。

三原中学校郷土部三原中学校郷土部三原中学校郷土部
南淡中学校郷土芸能部
南淡中学校郷土芸能部
所在地 兵庫県南あわじ市潮美台3-1
創 立 昭和58年
顧 問 木田朱美・上川輝昇
指 導 【語り・三味線】鶴澤友吉
【人形】吉田史興

南淡中学校は、旧南淡中学校が統合して29年目を迎える。本年度生徒数は460名、「心と心が響き合う学校」をめざし、たくましく生きる生徒づくりに全力を注いでいる。

昭和58年開校と同時に創設された「郷土芸能部」は、空き教室とたった一本の拍子木からスタートした。多くの部員や顧問の努力、地域や関係者の支援のおかげで、今では「太十」「壷坂」「日高」「恋十」「戎舞」の5つを上演し、人形はもちろん太夫・三味線・広報と4つの部門を生徒自身が自主的に活動し、淡路人形浄瑠璃の継承と発展のために努力し続けている。また、毎日の練習を一番大切にし、多くのプロを輩出してきた。今年は部員が27名、ほとんど初心者であるが、靴下を足袋に履き替え、草履をはいて活動するうち、「舞台の感動」を味わい、人形浄瑠璃の醍醐味を体で感じ始めている。

創設当初から、三味線と語りを「人間国宝」の鶴澤友路師匠に学び、OBで人形座員の吉田史興さんに人形指導を受け、また三味線は鶴澤友吉さんにも指導を受けている。

これまで多くの県外公演(東京をはじめ北海道から熊本まで)を大成功させてきた。今年は2年ぶりとなる、福岡県福津市での公演をひかえている。生徒自身が後継者として、技だけでなく、企画から舞台づくり、そして宣伝・広報活動の力をつけ、人形芝居を地域はもとより全国へとプロデュースできるよう努めている。

南淡中学校郷土芸能部南淡中学校郷土芸能部
淡路三原高等学校郷土部
淡路三原高等学校郷土部
所在地 兵庫県南あわじ市市円行寺345-1
創 立 昭和27年
顧 問 加藤佳子・山崎ちえみ・岩木寛子
指 導 【語り・三味線】竹本友喜美
【人形】吉田新九朗

淡路人形保存活動の必要性が叫ばれはじめた昭和27年に、郷土部は生まれた。人形浄瑠璃は技術の修得が極めてむずかしいだけでなく、人形や道具類も手に入りにくく、練習はたいへん困難だったが、浄瑠璃と三味線の竹本友喜美師匠(昭30~50年鶴澤徳之助師匠、昭51~平15年人間国宝・鶴澤友路師匠)、人形の吉田新九朗師匠(昭27~平2年山口巳鶴師匠、平3~6年吉田東太郎師匠)の熱心なご指導と地域のご支援をいただいて、淡路人形の伝承に取組んできた。その間、全国各地で公演の機会をいただき、マスコミ等でも大きくとりあげられてきた。現在、年間20回前後の公演を行っている。また、33年のソ連公演をはじめ、淡路人形座の海外公演にも部員が参加している。永年の活動が認められ、創部30年目にあたる昭和57年には、念願の人形会館を建てていただいた。平成5年度・10年度には全国高校総合文化祭で、人形・浄瑠璃・三味線の三業すべて生徒が演じたことが評価されて優秀賞(文化庁長官賞)を受賞し、優秀校東京公演に招かれて、あこがれの東京・国立劇場の檜舞台に立った。さらに、NHKの「青春メッセージ」に出演し、テレビ・ラジオで全国に放送された。平成8年にはハンガリー建国千百年を祝うフェスティバルに招かれ、初めての海外公演を10日間にわたって行った。平成14年にはブリティッシュ・コロンビア大学の日本の伝統芸能を紹介する企画があり、カナダバンクーバーのロブソンスクエア劇場で二度目の海外公演を行った。平成18年には台湾で薇閣高校、保安官2ケ所での公演を行い、いずれも大成功を収めた。

また、平成21年にはフランスで公演を行ない、ジュールフェリー高校との交流を含め、大きな成果を上げた。

昨年5月には、皇太子殿下の前で演技を披露する機会に恵まれた。

三原高校郷土芸能部三原高校郷土芸能部
淡路人形浄瑠璃青年研究会
淡路人形浄瑠璃青年研究会
所在地 兵庫県南あわじ市市十一ヶ所14-12
三原中学校内錬成場
創 立 昭和46年
会 長 木田 徹
指 導 竹本千朝

昭和46年、三原高校郷土部出身者が集い、淡路人形研究会(昭和52年に現在の「淡路人形浄瑠璃青年研究会」と改称)として発足しました。以来、昭和53年東京九段会館「第二十七回全国青年大会郷土芸能の部」に出演し「優秀賞」を受賞、その後昭和54年にアメリカのディズニーランドの日本祭に参加しています。また、平取町との友好の調印式での人形公演などがあります。最近では、「徳島国民文化祭」「武庫川女子大・関西文化研究センター」「但馬こどもまつり」「奈良県五條市」などで、公演を行いました。

兵庫県知事から「ともしびの賞」を頂き、私たちの活動を高く評価していただきました。

現在は、三原高校郷土部出身者以外のメンバーも多数加わり、年代も10代から50代まで、幅広く集い活動を続けています。

活動を続けるためには、楽しくなければ、そして、充実感が必要です。浄瑠璃の内容を楽しみ、共に活動することで人と人との環を広げ、ともに「和」をもって活動しています。

そして、この淡路の誇るべき「淡路人形浄瑠璃」を全国の人たちに情報発信して、淡路で培われてきた文化を絶やすことなく、活動を続けていけるよう会員一同頑張っています。

公演の様子公演の様子公演後に皆で
淡路人形芸舞組
淡路人形芸舞組
所在地 兵庫県南あわじ市潮美台3-1
南淡中学校内
創 立 平成18年
会 長 武岡智也

淡路人形芸舞組の前身となる南淡中学校郷土芸能部OB会は平成14年に、当時の現役高校生が集まり発足。以来公演を重ね四年あまり活動を続けてきた。

しかし社会人となったメンバーが時間の都合上練習に参加しにくくなり、次第に活動回数が減ることとなる。

せっかく興した会を絶やしてはならないと、平成18年に再度メンバーを募り、名称を「淡路人形芸舞組」を改めて活動を再開した。

メンバーはOB会当時から引き続き参加している者も含め、南淡中学校郷土芸能部のOB・OGを中心にしているが、現在その限りはなく、学生時代に人形浄瑠璃に触れて社会人になった者が「もっと人形浄瑠璃を続けたい」「もっと上手くなりたい」「もっと楽しみたい」という思いをもって集まっている。

衣装として黒のツナギを採用するなど、今までにない人形浄瑠璃の新しい形を模索している。

活動は毎週月曜日に南淡中学校郷土芸能部の部室を借りて練習し、島内を中心に公演をしていたが、平成19年には西宮神社の十日戎で戎舞を上演し、年に数回島外でも活動している。

新参の団体ではあるが、他の団体のように活動を活発にしていき、一人でも多くの人に人形浄瑠璃の楽しさを知ってもらうと共に、自分たちも楽しんで活動していきたい。

木偶作りサークル

洲本デコづくりサークル
洲本デコづくりサークル
所在地 兵庫県洲本市山手1-1-27
洲本市立淡路文化史料館
創 立 昭和62年
お問い合わせ 0799-24-3331
(洲本市立淡路文化史料館)

昭和62年5月に洲本市の文化活動、地域活動の一環として【デコづくり教室】が洲本市立淡路文化史料館で開講されました。指導は徳島及び淡路の同好の人達をご指導されていた故作本峰雲先生、その後を引き継がれた藤野良一先生です。平成20年3月末で洲本市の支援が打ち切られ、一旦は閉講となりましたが、かしらの魅力に憑りつかれた個々人が主体となる【洲本デコづくりサークル】として活動を継続させ今日に至っています。残念ながら開講当初に比べ会員数は年々減少傾向を辿っていますが、かしらづくりの技術向上継承、そして淡路人形の普及のため活動を行っています。

当サークルは洲本市立淡路文化史料館に第1、第3日曜日の月2回集まり、お互い切磋琢磨してかしらづくりに打ち込んでいます。桐材をノミで削り、完成まで半年から1年程度かかりますが、完成したときの達成感、充実感はつくった人のみが味わえる貴重な体験です。数年に一度ですが各人の作品を持ち寄り作品展を開催し、また地域の文化祭への出展なども行っており、淡路人形の魅力をアピールし、淡路の伝統芸能への関心を惹き起こす様に努めています。関心を持たれた方は是非一度、淡路文化史料館にご来館下さい。

サークル活動の様子(洲本市立淡路文化史料館にて)作品展(淡路人形浄瑠璃資料館にて)
東浦公民館木偶作りサークル
東浦公民館木偶作りサークル
所在地 兵庫県淡路市久留麻2600-1
東浦公民館
お問い合わせ 0799-74-4115(東浦公民館)

淡路市仮屋は昔から人形芝居が盛んな土地柄でしたが、昭和36年頃、仮屋芝居小屋(後の映画館)での上演を最後に人形芝居は見られなくなりました。森の浜芝居は特に盛んで、現在は1月10日の十日えびすに兵庫県立淡路三原高校郷土部や四国の座が来て「戎舞」を上演しています。約20年前に淡路文化史料館で藤野良一先生のご指導で木偶作りを始め、結髪を文楽の名越昭司師匠にご指導いただきました。平成15年より東浦公民館で木偶作りを始め、作品は100体を超え、淡路市サンシャインホールと東浦公民館で常設展示をしています。

木偶づくりの様子作品
小林六太夫研究会
小林六太夫研究会
所在地 兵庫県洲本市五色町鮎原南谷59
鮎原公民館
創 立 平成5年
活動日 毎週金曜日9時30分~16時
会員数 8名(平成24年3月現在)
お問い合わせ 0799-32-0382(鮎原公民館)

淡路人形芝居の小林六太夫座があった洲本市五色町鮎原南谷で平成5年に、郷土文化の継承のため、当時の鮎原公民館長であった佐竹奨さんが有志を集め、かしらの制作を目的とした小林六太夫研究会が創設されました。創設時の指導者には作本峰雲氏に師事していた西口勝氏でした。発足の時のメンバーは10名でしたが、高齢化のため今は当時のメンバーは2名で、その後新入会員があり現在は8名で活動をしています。鮎原図書館の中の鮎原公民館の一室を借り、毎週金曜日9時30分から16時までで、現在は指導者がいなく、会員同士互いに批評し合いながら、楽しい雰囲気の中で「かしらづくり」に取り組んでいます。

かしらの製作を主体に活動していますが、淡路人形芝居の歴史等の勉強にも力を入れ、地域の文化祭や県民局主催の行事への出品、淡路文化会館での展示等、さまざまな行事に積極的に参加をしています。また、鮎原小学校の児童に小林六太夫座のことや淡路人形芝居の歴史、さらには人形の操り方を説明する等、地域文化の継承のお手伝いをしています。

また年に数回、四国の阿波人形関係の施設の見学や、国立文楽劇場の観劇、材料の仕入れ等に会員の親睦を兼ね出かけています。

現在の会員かしらづくりの様子作品展
淡路木偶づくり講座
淡路木偶づくり講座
所在地 兵庫県南あわじ市市三條880
淡路人形浄瑠璃資料館
講座開催日 毎週土曜日
お問い合わせ 0799-43-5037
(淡路人形浄瑠璃資料館)

淡路人形浄瑠璃の伝承に取り組んできた三原高校郷土部が創部30周年を迎えるのを機に、昭和56年、三原高校の美術部生徒と有志の職員によって「三原高校淡路人形木偶人形の会」(会長藤野良一先生)が発足し、木偶づくりの活動が始まりました。鳴門市の人形師作本峰雲先生を迎えて毎土曜日に活動し、翌年11月の郷土部創部三十周年・人形会館落成記念式典で18点の作品を展示しました。

昭和58年度からは、地域の方々の参加を募って「三原コミュニティカレッジ木偶づくり入門講座」がスタートし、3年目の60年には、受講者はピークの73名にもなりました。作本先生引退後は藤野良一先生が献身的に指導に当たり、淡路人形座の元座員浪花くにゑさんを招いて、人形の衣裳づくりも学びました。積極的に作品展や制作実演を行ったり、人形芝居保存団体の人形修理・製作に協力するなど、活動の成果を社会に還元しています。淡路三原高校郷土部が演じる「三十三間堂棟由来」の人形10体、「戎舞」の七体、「増補大江山戻り橋の段」の4体も講師や受講生が手分けをして制作したものです。

平成22年度からは、活動場所を南あわじ市淡路人形浄瑠璃資料館に移し、毎土曜日の午後、木偶作りを楽しんでいます。

かしらづくりの様子かしらづくりの様子