淡路人形座について

淡路人形座紹介

吉田傳次郎座の伝統を受け継いで

吉田傳次郎座の伝統を受け継いで 淡路島には江戸時代の初期から昭和の初めまで大小様々な人形座があり、淡路島内だけでなく全国を興行して、人形浄瑠璃の魅力を伝えました。その中の大座の一つ吉田傳次郎座の道具類を淡路人形座が継承し公演をしています。最近発見された「引田家文書」の元文六年(1741)の「相定申一札事」に署名捺印している三十八座の一座でした。源・久・六の三座と同様に綸旨・櫓免許書などを持って諸国を巡業しました。明治二十年ごろから四十年ごろまでは小林六太夫座からも座員を入れ、若衆組を作り、二組に分かれて興行をしていました。おもな巡業先は淡路・徳島・讃岐・伊予・紀伊・播磨・山陰道・北陸道などで、特に伊予は得意先が多かったらしく、伊予の細工人の名手・面光義光作の三番叟の白式尉・黒式尉の面を始め、面光の優品と言われるかしら、殊に狐、虎、蜘蛛など動物のかしらに珍品があったと言われています。

傳次郎座の得意中の得意の芝居は「本朝廿四孝」で、この芝居を見た松山藩藩主松平公(明治より久松氏)のお姫様が八重垣姫に着せるようにと下さった打掛が淡路人形座で今も大切に保存され、また、菊の花が刺繍された手の込んだ襖も残っています藩主から下賜された道具立ては立派で、他の座が真似したが、どれも吉田傅次郎座にかなわなかったと言われています。傅次郎座の繁盛を偲ぶ資料として文化・文政年間(1804-1829)讃岐の金比羅大権現金堂等の造営に再三寄進したこと、嘉永六年(1853)に三条八幡神社に石鳥居・狛犬を寄進したこと、また、明治十三年(1880)讃岐の金比羅宮に近百円を寄進し、御紋付銀杯を拝受したことがわかっています。大正五年二月、傅次郎座は愛媛県内子町内子座の柿落としに招かれ、十一日間公演したチラシと契約書が内子座に現存しています。出し物「妹背山」公演料三百二十円などと契約されていました。

昭和初期には作家林芙美子、新派俳優花柳章太郎など名士の来訪も多かったのですが、他の座と同様に経営が困難となり、大東亜戦争末期から休業状態となって、座本当主は別に骨董屋を営むようになっていました。昭和三十三年に三条大御堂境内に淡路人形発祥の地の碑を建立する発起人となりましたが、跡継ぎがなかったので、道具類・古文書等一式を淡路人形芸術協会に譲渡しました。

「淡路人形座」誕生

海外公演時の様子

藩主や地域の有力者に保護され、全国各地でもてはやされた淡路人形芝居でしたが、明治になると、大きな時代の変化の中で観客の関心が他の娯楽に移ったり、人形芝居の修行の苦しさから若い後継者が育たなかったりしだいに衰えていきました。第二次世界大戦後、淡路人形は消滅の危機にさらされていました。伝統を守ろうとする人々の力で1964年「淡路人形座」が生まれ、その後、淡路の1市10町が協力し淡路人形協会が発足しました。ロシアをはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニア諸国など延べ28ヵ国から招待され、世界的にも評価を高めています。子ども会や小中学校、高校の部活動、青年グループなどへ淡路人形座の座員が指導に行きたくさんの後継者が育っています。

500年以上の歴史が今ここに

500年以上の歴史を持つ淡路人形浄瑠璃 500年以上の歴史をもつ淡路人形は、時代と共に上演の方法は変わりましたが、本質は変わることなくそのままに継承されています。新しく居まれ変わりつつある淡路島。大鳴門橋記念館という近代ビルの中で、現代的完成で上演されている古典芸能「淡路人形浄瑠璃」には、悪い意味での古くささは感じられません。そこには、古いモノの中から新しいモノが生まれる、喜びや感動、驚きがあります。義太夫の重厚な口説きと三味線の音をカラダに残しながら、字部のまわりの人間ドラマが頭の中でぐるぐるとめぐり生きている実感がカラダの奥底から湧き出てくることを感じられるはずです。

重要無形民俗文化財に指定

重要無形民俗文化財に指定

「郷土の古典芸能を守ろう」とする数多くの人たちによって、幾多の困難を乗り越えて、国の重要無形民俗文化財に指定されるまでとなった淡路人形浄瑠璃。私たちは、この淡路人形浄瑠璃に誇りと夢をもって後世に余すことなく伝えていく為、修行修行の毎日です。淡路人形を自由自在に操るには何年もの修行が必要です。ちなみに、足七年、左手七年、頭と右手は一生と言われます。古典芸能を継承することは並大抵のことではないと気付かされます。こんな私たちの姿を見て、どのように感じるかはわかりませんが、ただ古いモノが置き去りにされてしまいがちな現代、もっと古いモノを見直して、今の時代の完成をつけ加えて次の時代に伝えていく、ひとつの証となればと考えています。