奥州秀衡有鬠壻 鞍馬山の段

奥州秀衡有鬠壻 鞍馬山の段

奥州秀衡有鬠壻 鞍馬山の段

父源義朝の死後、鞍馬山に預けられた牛若丸は、毎日僧たちを相手に兵法の稽古をしています。源氏に心を寄せる奥州の藤原秀衡に頼まれて、牛若丸を鞍馬から連れ出しにきた金売吉次は、田楽屋に身をやつし、鞍馬山のふもとで様子をうかがっていました。そこに源氏の残党狩りをする平家の侍難波十郎がやってきて、牛若丸を見つけ、家来を呼びに行きます。吉次は秀衡の書状を牛若丸に示し、奥州への出立を促します。牛若丸は喜んで応じ、鞍馬を後にするのでした。「奥州秀衡有鬠壻」は大坂で初演されましたが、その後上演されず、淡路の人形座でしか伝承されなかった淡路独自の作品です。

奥州秀衡有鬠壻 鞍馬山の段