日高川嫉妬鱗 渡し場の段

日高川嫉妬鱗 渡し場の段

日高川嫉妬鱗 渡し場の段

この作品は道成寺に伝わる安珍清姫の伝説をもとにした物語です。皇位継承をめぐる争いから命を狙われる身となった桜木親王は、山伏安珍となり、紀州真那古の庄司の家にかくまわれていましたが、恋人の姫君と再会し、二人で庄司の家を出て、道成寺に向かいます。実は親王の身分であるとは知らずに安珍を慕っていた庄司の娘清姫は、そのあとを追いかけ、日高川のほとりに辿り着きました。清姫は船頭に川を渡してくれるよう頼みますが、渡さないよう安珍に頼まれていた船頭は冷たく断ります。どうしても諦めきれない清姫は嫉妬に狂い、ついに大蛇に姿を変えて川を渡ってゆくのでした。

日高川嫉妬鱗 渡し場の段