日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段

日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段

日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段

皇位継承をめぐる争いから命を狙われる身となった桜木親王は、身をやつして山伏安珍となっていたが紀州、真那古庄司の館で恋人のおだ巻姫と再会し、二人で庄司の館を出て、道成寺じ逃れる。高位の人とは知らずに安珍を慕っていた庄司の娘清姫は、そのあとを追う。清姫は天田堤で道行く(里人・飛脚・七墓廻り)に安珍らの行方を問いながら、やがて日高川の渡し場に辿りつく。しかし安珍に頼まれていた船頭は清姫を向こう岸へ渡すことを拒否する。嫉妬に狂った清姫は髪を振り乱し、ついて大蛇の姿に変化して川を渡ってゆく。

日高川嫉妬鱗 天田堤より渡し場の段