前日からの南風が連れてきた4月のような陽気で、3日の淡路島は節分を待たずに春になっていました。夕方の「淡路人形座・淡路の人形芝居復活公演」も地元や島外からの方々が立ち見になるほどに来て下さり、舞台と客席が一体となった熱気あふれた公演となりました。アンケートの感想を書いて頂いた方も多く、淡路人形ファンに支えられて盛り上がる生の舞台の良さを感じることが出来ました。ご支援頂いた文化庁の事業、お越し下さった皆様、広報などご協力頂きました方々にも心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。
好評だった大阪市立大学久堀裕朗先生の演目解説
mayagatake01.jpg
mayagatake03.jpg
公演の模様
mayagatake04.jpg
mayagatake05.jpg
mayagatake06.jpg
 淡路人形座では、節分の日にご来場頂いたお客様に福豆を配り、鬼との記念撮影も行いました。季節の変わりめに心から鬼を追い出し、えびす顔で福々しく立春を迎えたいと思います。
mayagatake02.jpg