兵庫県立芸術文化協会友の会発行の、「すずかけ」6月号に当座の
竹本友喜美師匠の記事が掲載されました。
掲載記事は、兵庫県文化賞受賞者の素顔発見第163回です。
人間国宝・鶴澤友路師匠の一番弟子である竹本友喜美師匠の、
浄瑠璃を始めたきっかけ、これまでの活動や修行の困難さ、今後に掛ける思いなど
大きく載っておりますので、ぜひご覧ください。
※「すずかけ」についてのお問合せは、兵庫県芸術文化協会となります。
奥州秀衡.jpg
「奥州秀衡」を熱演される竹本友喜美師匠